会社沿革

昭和42年伊藤斉一が旋盤を購入し鉄工所を創業。㈱矢橋大理石、㈱関ヶ原製作所よりバルブ部分、舶用部分の加工を受注し取引を開始する。
昭和45年㈱岐阜製作所より三菱電機エレベータ調速機の部品加工及び組み立てを受注し取引を開始する。
昭和48年工場を現在地に移転し業務を拡大する。
昭和53年NC旋盤1台目を購入し受注部品の量産体制化と品質向上を図る。部品加工生産拡大
昭和59年伊藤 智元 代表取締役に就任
㈲伊藤工機製作所に社名変更。
昭和60年受注量の増産に伴い工場を拡張し機械整備を増設する
平成2年受注量の増産に伴い工場を拡張し機械設備を増設する。
平成8年東芝機械㈱より射出成形機の部品の加工を受注して取引を開始する。
平成15年村田機械㈱より部品加工を受注して取引を開始する。(産業用搬送ロボットの部品・工作機械部品)
平成16年㈱関ヶ原製作所より油機部分が増設の為、新規設備導入と装備オーバーホール等の設備更新をして増産体制に入る。
多品種・少量生産にも対応
平成22年複合旋盤を1台導入して合理化を進める。
治具の省力化・肯定の集約化に効果大
平成25年品質マネジメントISO9001:2008 認証を取得
平成27年品質マネジメントISO9001:2015 認証を取得
平成30年受注量の増産に伴い工場の倉庫を増築。
平成31年伊藤 慎治 代表取締役に就任